充実した日々を過ごす

充実した日々を過ごすために行動したことなどを書いていきます。

時間がないあなたにもおすすめ!!効率の良い勉強法3選

 

こんにちは。kinaです。

 

「資格をとりたいけど、なかなか勉強の時間が取れない・・・」

「仕事が忙しすぎて家に帰ってきても勉強をする気になれない・・・」

様々な理由で、せっかく勉強したい気持ちがあってもなかなか取り組むことが出来ず、足踏みしている人はたくさんいると思います。 

f:id:kinana83:20210227105437j:plain

 今回は、そんなみなさまでも効率よく資格の勉強ができるような方法をご紹介していきたいと思います。

 

 

 

まずはじめに計画を立てる

f:id:kinana83:20210227130706j:plain

資格の勉強をするにあたって、まずは勉強を続けるためのモチベーションを維持することが大事になってきます。

そのためには、やみくもに勉強をするのではなくしっかりとした計画を立てることが重要になります。

 

勉強計画の立て方

期日までの日数を把握する

 受験や資格試験には必ず試験当日があります。

 まずは、試験当日まで何日あるのかを把握することが大事です。

 

次に勉強量を把握する

  自分の持っているテキストや問題集の量を確認します。

  目次をコピーしてすぐ確認できるようにすることも勉強量の把握にはおすすめです。

 

次に逆算して1ヵ月、1週間、1日の勉強量を決める

 勉強量の把握が出来たら、あとは逆算して1ヵ月、1週間、1日に

 どのくらい勉強すればいいのか計画を立てる。

 大事なことは、1度決めた計画は定期的に見直すことです。

 1日の目標がクリアできなかったとしても、計画を見直したときに調整すれば

 大丈夫です。

 

効率の良い勉強法3選 

問題集から解き始める勉強法

f:id:kinana83:20210227164613j:plain

通常の勉強法といえば、まずはテキストを読んて理解することから始まり、次に問題集を解いて勉強する方法が一般的だと思いますが、これではとても時間がかかってしまいます。

テキストというものは、誰でも理解しやすく書かれているため自分がすでに分かっていることや、補足のために書かれた試験にはあまり関係ないことまで書かれています。

そのため、最初にテキストを読んでから問題集を解いていてはとても時間がかかってしまいます。

 

そこで、ご紹介したいのが問題集から解く勉強法です。 

 

まずは問題集を解く

まずはいきなり問題集を解いてみます。

最初はわからない問題ばかりで正解できる問題が少ないと思いますが気にしなくて大丈夫です。

 

次にわからなかった問題の解説文を読む

次にわからなかった問題の解説文をしっかり読みます。

ここである程度の問題が理解できると思います。

 

最後にそれでもわからない問題はテキストを確認する

 最後にようやくテキストの出番です。

解説文を読んでもわからない問題についてはテキストで確認していきます。

 

こうすることによって、もともと分かっていた問題や解説文を読めばわかる問題などが省かれて、最後に残った問題のみテキストで確認するため、勉強時間を短縮することができます。

 

すきま時間を活用した勉強法

f:id:kinana83:20210227173621j:plain

仕事をしている社会人の方でも、すきま時間は探せば必ず見つけることが出来ると思います。

通勤時間、お昼休み、お風呂の時間など・・・

そんな時間を勉強に充てることで勉強時間をしっかり確保することが出来ます。

 

すきま時間に問題集を解く、テキストを読む

通勤時間に公共交通機関を利用している方であれば、その時間を使って問題集を解いてみたり、テキストを読んでみることをおすすめします。

問題集やテキストを開けるような環境ではない場合は、スマホで写メを撮っておいたものを確認するのもおすすめです。

問題集であれば、行きと帰りの通勤時間に1問ずつ解いたとしても1ヵ月20日間出勤したとすれば、何もしないことに比べると1ヵ月に40問の差がつきます。

 

寝る前の時間を活用した勉強法

f:id:kinana83:20210227174538j:plain

寝る前にインプットした記憶は定着しやすいと言われています。

なぜなら、寝ている間に頭の中で記憶の整理が行われるからです。

 

まずはじめに間違えた問題ノートを作る

日々勉強していく中で、問題集を解いていて間違えた問題をノートにメモします。

そして問題を書いたら、その横に答えも書きます。

 

夜寝る前に、間違えた問題ノートを見返す

あとは、寝る前に間違えた問題ノートを見返すだけです。

見返して寝ることで、記憶の整理が行われて記憶の定着につながります。

こうすることで少ない時間で暗記が出来ます。

 

さいごに

勉強を続けるためには、いかにモチベーションを維持できるかが大事になってきます。

思うように勉強がはかどらなくても、焦ることなく自分のできる範囲でコツコツと勉強を続けていきましょう。